スターリィマン ドリーム工房☆はせがわ

コミュニケーションアート

コミュニケーションアートの軌跡

 

第二章 「コミュニケーションアートの原点」

 アルバイトをしながら夢を追いかけていた父は、
母が勤めていた大学でアルバイトすることになり、
父と母が出会いました。

 

「絵描きになる夢を応援するよ」と言って、二人は結婚を決意。

 

そのときに描いた父の作品に、
母が「愛はじまり」とタイトルをつけました。

これが父と母の絵とお話の創作のはじまり、
「コミュニケーションアート」の原点です。

 

この時から、父の絵に母がタイトルをつけるようになりました。

 

 

そして、一九八ニ年四月、結婚。
お金はないけど、
精一杯の父の想いを込めて描いたのが「ウエディングベル」

 

これから二人の夢が、大空に羽ばたいてほしいと祈って…