スターリィマン ドリーム工房☆はせがわ

コミュニケーションアート

コミュニケーションアートの軌跡

コミュニティアート

第三章 「もうひとつの夢」

雑誌のカットの仕事。

母も仕事をしながら父を支える、不安定な生活の中で、
子供(私)が生まれることになりました。

 

決して楽ではない生活でしたが、幼い頃に父親を亡くした父にとって、
あたたかい家族をつくることは、もうひとつの大切な夢でした。

 

父は、親になる喜び以上に、
父親としての責任の不安でいっぱいでした。

 

そして、父は自分が夢見た理想の家族の風景を作品に描いたのです。

 

それが「季節の中で」という作品です。
父は「家族の喜ぶ顔が見たい。幸せになってほしい。」
その一心で作品を創作していました。

 

私の誕生から生まれた「にんじんの家」第一作目。
ここから、たくさんのにんじんの家を描き続けています。

 

 

後に、両親が創作するスターリィマンの物語では、
「にんじんの家」が、スターリィマンのふるさとになっています。
大切な大切な星宿です。